新築マンションを購入する前に考えてみよう

新築マンションを購入するメリットとデメリットについて

新築マンションのメリットとデメリットについて

マンションを購入するのに誰もが予算の問題さえなければ、やはり新築物件がいいと思うのではないですか。
新築マンションのチラシを見ると、間取りもモダンで素敵に見えますし、何よりも誰かが使った後ではなく、なにもかもが新しいほうが気持ちがいいですよね。
しかも最新設備ですので、故障などの心配も少なく安心できます。
中古マンションより新築マンションの方がいいメリットはたくさんありますが、もちろんデメリットもあります。
気に入ったからといってすぐに購入するのではなく、自分にとって何がメリットになるのかをよく考えてから決めていきましょう。
最近は、ファミリー層だけでなく、独身者向けのコンパクトなマンションも増えてきています。
家賃の負担に対してマンションを購入した場合は、資産になります。
老後の家賃を考えて独身者の方の購入も増えているのです。
ローン完済後は、管理費や共益費はかかりますが、家賃の負担は大きく減りますし、売却や貸出も可能です。
一生に何度も買えるものではありませんので、色々な状況を想定して、慎重に考えていきたいですよね。
住宅ローンを何十年もかけて支払うのですから、無理をせず続けることができるのが大切ですし、仕事が転勤が多い場合は、売却する可能性についても考えなくてはなりません。
会社の業績不振や家族でのトラブルなど、最悪な想定は必要ないと思いますが、余裕を持って購入したいものです。
購入してから後悔しないように、検討していきましょう。