>

マンションを購入するなら

新築マンションを購入するメリット

備え付けの家電や住宅の設備には、もちろん最新のものが備えられていますよね。
オール電化だったり、空調設備やセキュリティーなどはもちろんですが、地震や災害に対応した新しい施工・構造の方が安心できます。
未完成の状態なら間取りや電化製品など、希望を適えてもらえる場合があります。
購入後10年位は、新築ですので補修がしばらくしなくても大丈夫ですので、管理費や修繕積立金が低めです。
また、販売会社からの10年間の保証サービスなどが付けられており、アフターサービスも充実しています。
住宅ローンに関しても資産価値が高いので長期ローンも組みやすくなっています。
神経質な方や心配症な方は、新築マンションの方が安心かもしれませんね。

新築マンションを購入するデメリット

価格が高いことです。
新築マンションは、市場価値に不動産会社の広告費などに対して必要な利益がプラスされますので、その分価格設定が高めになり、プラス消費税もかかっています。
その為、資産価値はマンションの価値よりも低くなることを覚悟しておきましょう。
先行販売の場合は、モデルルームを見学して契約をすることになりますので、物件を見るのは契約した後になります。
実際見てみるとイメージと違う場合もありますので、注意しましょう。
モデルルームはプロの方がインテリアを担当していることを踏まえて判断していきましょう。
また、立地がいい場所は既にマンションが建設されていることが多いので、駅近などの新築マンションは数が少ないので選択肢がどうしても狭くなってしまいます。


この記事をシェアする